ライフラ情報銀行 ライフラ情報銀行

事業内容

ライフラ合同会社 情報銀行で目指すこと

“パーソナルデータで生活者の豊かな未来をデザインする”
生活者の生活に寄り添い、生活者の自己実現を支援するためのデータとして利活用する
  • Life&Work Style
  • 自己啓発、趣味

[ ライフラプラスの運用イメージ ]

ライフステージ
日常で蓄積されたデータをライフステージに合わせて利活用
生活者 生活者

ライフラプラスの提供価値

  • 精度の高いマーケティング
    精度の高いマーケティング
    精度の高いマーケティング

    生活に関わる様々な領域とライフステージごとのデータが収集可能なため、深層的なデータをベースにした精度の高いマーケティングが可能になる。

  • 生活者とサービス事業者の双方向コミュニケーション
    生活者とサービス事業者の双方向コミュニケーション
    生活者とサービス事業者の双方向コミュニケーション

    一方向的なプロモーションに留まらず、生活者へのオファーに対する反応が明確になり、次のマーケティング活動の参考にすることができる。

  • リードナーチャリングによる顧客接点拡大
    リードナーチャリングによる顧客接点拡大
    リードナーチャリングによる顧客接点拡大

    企業独自のCRMと異なり、既存顧客のみならず、潜在顧客や直接的な潜在顧客以外の生活者に対するアプローチも可能なため、幅広い層にリードナーチャリングが可能になる。

[ 実証事業のご参加について ]

情報銀行実証においてオペレーション実証、サービス共創、コミュニティ構築の3つの取り組みを 推進していくことで、本質的な情報銀行の価値を探索・検証・実現し、新しい時代の社会基盤となる仕組みを構築していきます。

・オペレーション実証
にて基本的な情報銀行の仕組みを理解し、施策の検討・検証を行う情報銀行を体験いただきます。

・サービス共創
において、情報銀行を活用して実現されていく新たな情報基盤を活用し、生活者を豊かにしていくためのエコシステムおよびサービスの共創を行います。

・参画事業者のコミュニティ構築
を通じて、情報銀行についての理解を一層深め、サービスの共創を加速していきます。

これらの仕組みを通じ、生活者・事業者を含む全てのステークホルダーおよび社会にとって付加価値の高い情報銀行の構築を進めていきます。